【INFORMATION】

帰国 Buck to Japan

12月2日にドイツミュンヘン発、関西国際空港に帰国しました。

2月25日ポルトガルリスボンを出発して、約10ヶ月。26カ国約13000キロを自転車で周った。リスボンに着いた頃は「300日か・・・クソなげーな」と思っていたが、終わってしまえば一瞬で、「もう半年あれば全部周れたかも・・・」と少し名残惜しい気分。まあ寒いし少し名残惜しいくらいが丁度いいのかも。

この旅行で考えていたことはざっくり言えば主に2つ。『現地の人との交流』と『映像撮影』。

終わってみると『現地の人との交流』9:『映像撮影』1という感じで完全に当初考えていた予定とは違う結果に。

この旅行では主に「Warmshowers」「Couchsurfing」という旅行SNSを利用して地元の人とコンタクトを取りながら進んでいった。毎日使っていたので数えてみると、136家族にもお世話になっていたことに気付く。感謝感激ですね。ヨーロッパには大体どこの町にもアクティブホストがいるのでこの2つのサイトを使えば割と容易にホストが見つかった。宿泊費がかからないから割と資金にも余裕が出てきて快適に生活でき、夜はホストの人たちと過ごしていたから一人旅という感じでもなく。こんな感じの旅行は暫く出来ないのかなと考えると少し寂しい。

一方映像撮影の方はやりたい事が無くなってきて、写真撮影の方にシフトした形に。まあそれも自転車旅行らしいのかなとブログタイトルもそのままにしています。

IMG_0037

ところで、リトアニアの『十字架の丘』という場所である日本人団体客の方々にあった。

彼らは僕の自転車に興味を持って話しかけてきてくれた。自転車でヨーロッパを周っているというと彼らは口を揃えてこう言った。

「あらーいいわね、青春ね。」

これは青春で若い時にしか出来ないことなんだろうか。

10ヶ月もフラフラしておいて言うのもクソ生意気だが、僕はこの旅行が「チュートリアル」のような気がしている。「旅行の楽しみ方がようやく分かってきたぞ」という感じ。

今度は今回出来なかった事も踏まえて、また趣向を変えた面白い事が出来るんじゃないかと少しワクワクしている。とりあえずは東京へ戻って就職と卒業。ブログ見てくださった方々、心配して下さった方々ありがとうございました。

あと二週間ほどで東京に着く予定。もちろん時間あるときに溜まりに溜まった写真を更新していこうと思います。自転車旅行者、海外旅行者にとって有用な情報も更新していけたらいいなあと思いますので今しばらくお付き合いください。

I’m in Japan Kyoto now.Thank you for helping me my lovely host and cyclist! Let’s meet in Tokyo someday…or on the road:)

Return Top