【INFORMATION】

旅行本のデータ化

初めての国へ行く時に旅行本を持っていく人は多いだろう。僕も初めての海外一人旅でタイ、カンボジアへ行った時は地球の歩き方を持っていった。今の時代、ネットで検索すればホテル・レストランのおすすめや場所の情報は腐るほど出てくる。でもやっぱり旅行本を持っていくことに意味はあると思う。旅行本ってレストラン・宿の情報の他に、その土地の歴史だったりその国での注意点も一緒に書いてある。ネットだと自分の必要な情報は出てくるけどそれ以上は検索しない限り出てこない。暇な時間にパラパラ本を見ているとその時は不要な情報が入ってくるけど、後でその情報が意外に大事になってきたりする。地球の歩き方は情報が少ないと思う人はロンリープラネットを持っていこう。

一方、旅行本の欠点はやたら重い事。情報量が多ければ多い程荷物になるし、何カ国も旅行するバックパッカーだったら何冊持っていくの?って話になる。自転車とかいうバカ重い鉄持っていく癖に何いってんだよと思う人もいるだろうが荷物はやっぱり軽い方が良い。

そんな問題を解決してくれるのがタブレットPC。僕が持っていくのはNEXUS7という7インチのタブレットPCで文字も見やすい。あと町を歩くとき旅行本を持っていたら観光客丸出しで狙われやすいと思う。地球の歩き方の電子書籍版が売っているのでそれが一番楽。


 

ここからが本題。電子書籍版ってやっぱり高い。地球の歩き方だと一冊1700円位。そこで今回は本を業者に委託してデータ化してもらう方法を紹介する。

1.お金がない学生は図書館で旅行本のリユース品を貰ってこよう!11-12年度版の地球の歩き方が14冊置いてあったぞ!

2.http://www.bookfire.net/で本をデータ化してくれる業者を探そう!コスパ的に未来bookが良さそうだぞ!(一冊180円でページ制限無し)

3.本を梱包してゆうパックで送ろう!ちょっと汚くなってしまったぞ!

4.PDFファイルが二週間後(変更可)に送られてくるぞ!これで本をデータ化出来たぞ!

てな流れです。送料含めても一冊200円ちょい。ちなみに送った本は裁断されるので借りてきた本はできない。家のスキャナーで一冊何分でできるか試したら1時間かかった。14冊で14時間。暇な人は金掛からないしおすすめ。

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top