【COUNTRY】

坂多すぎ問題 Porutugal Sintra ポルトガル シントラ 3日目

朝5時に行動開始。気温12度で快適。

OJ6A1888.jpg

雨はふらないんだけど微妙な天気。

OJ6A2336.jpg

OJ6A2338.jpg

泥棒市という蚤の市が毎週火曜と土曜、リスボンのサンタ・クララ広場で開かれている。

OJ6A2352.jpgOJ6A2351.jpg

特に買うものもないし雨が降ってきたので近くの個人商店に入る。ポルトガルはコンビニがないのでこういう場所で食料や生活用品を調達するしかない。

OJ6A2355.jpg店に入ると店員のおじさんが流暢な日本語で話しかけてきた。帽子にネパールと書いてあるから多分ネパール人。マリックというイスラム系の名前だった。貿易商をしていて日本には15年前くらいに住んでいたことがあるらしく、「日本の食べ物が一番だよ〜」と言ってくる。そういえば初日に入った別の商店でも日本語が話せるネパール人がいた。マリックは日本語、ポルトガル語、ネパール語、アラビア語が話せるらしい。英語とポルトガル語が話せる俺からしてみても中々ハイスペックやで。

OJ6A2356.jpg

なんやかんや20分くらい話していると、マリックがカフェに誘ってきたのでとなりのカフェへ行く。

OJ6A2363.jpg

カプチーノとパステル・デ・ナタ(カスタードパイ)をおごってくれた。なかなか美味しい。みんな大体カプチーノとこれを食べている。

OJ6A2365.jpg

マリックと別れ宿に戻る。ドミトリーには共用スペースがあり、食べ物とかも作ることができる。

あまりリスボンにいても人多いしなあ、ということでリスボンから西へ30km、シントラへ向かう。初の長距離走行、緊張が走るぜ。

12時。道幅が広く、車は日本に比べて自転車との距離を取ってくれるので結構走りやすい。

OJ6A2370.jpg

リスボンのベレン海岸にある「発見のモニュメント」世界遺産のジェロニモス修道院も近くにあったので見たかったが、さっきマリックが「ポルトガルは泥棒多いから気をつけて〜」と言っていたので荷物を放置するわけにもいかず華麗にスルー。

OJ6A2367.jpg

OJ6A2371.jpgOJ6A2372.jpg

謎の像

OJ6A2373.jpg

と尻。OJ6A2375.jpg

公共事業が行き届いていないのか廃墟が街に点在する

OJ6A2376.jpg

ここらへんで俺はあることに気づいてしまう。

(あれ、坂道多くね?)

OJ6A2379.jpgOJ6A2380.jpgOJ6A2383.jpgOJ6A2385.jpgOJ6A2389.jpgポルトガルといえば消臭リキのCM、消臭リキのCMといえば丘に建つオレンジ色の家々。

これが永遠に続く。

平坦な道がないんじゃないかと思うくらいアップダウンが激しい。

OJ6A2390.jpg

5時間くらいかけてシントラの街へ。山の上に城が見える。

OJ6A2400.jpgOJ6A2396.jpgOJ6A2391.jpg
OJ6A2401.jpg

OJ6A2395.jpg

1泊20ユーロ(2600円)のホテルへ。市内を一望。

朝からパンしか食べていなかったので宿の人のおすすめ魚料理やへ行く。

OJ6A2407.jpgOJ6A2410.jpg

arroz con mariscos para(パエリア的なやつ)1500円くらい。エビやらムール貝やらカニやらが沢山入ったスープ。写真だとわからないけどめちゃくちゃ多い。美味しい。

走行距離49.5km

撮影地はこちら

朝から撮影したリスボンの街

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. めっちゃブログちゃんと書いてるやないかーい笑
    サドルがケアってるやつに代わってる笑

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top