【COUNTRY】

田舎に泊まろう Spain Plasencia スペイン プラセンシア 19日目

3月16日月曜日。今日はWarmshowerでコンタクトを取った人の家へお邪魔する。

中央広場に夕方7時集合。この街で観光することも特にないので7時まで一日ホステルでネット。ホステルには誰もいない。

初めて素性の良く知らない外国人の家へ行く。緊張しないといえば嘘になるが、自転車旅行という共通点があるから大丈夫だろと思っていた。軽いホームステイ感覚。本物のスペイン人の生活を見たいっていう気持ちもある。

「オーユウタ!ウェルカムトォプラセンシア!」

来たのはダンディなおじさんと犬一匹。散歩の途中らしい。

名前はジョージ。50歳独身。犬のセンダとプラセンシアで暮らしている。英語を話せるので英語で会話をする。スペインの人は基本的に英語を全く話せない。体感的には話しかけた中で10%位話せる。

OJ6A5980.jpg

スペインの人も英語は外国語だからお互いに簡単な単語で会話をする。イギリス人の英語は分かりづらいけど、スペイン人の英語は分かりやすい。

OJ6A5981.jpg

「どっから来たんだい?」「リスボンから来ました。」「良いね!俺も昔は自転車旅行してたけど今はセンダが居るから2、3日しか旅行できないんだ。いまはもっぱらホストをしてるよ。」

センダは水が好きらしい。川に入ろうとするので「カモンセンダ!」といつも呼び戻している。

川の近くで馬が放牧されている。生後5ヶ月くらい。
OJ6A5982.jpg

家はマンション。リビングの他に部屋が4つある。広すぎ。部屋の一つを貸してくれる。OJ6A5988.jpg

ジョージの部屋。自転車は4台。この部屋で仕事しているらしい。

ところで、スペインの走行ルートは決めていなかったが、プラセンシアから東へ抜けても何もなさそうなのでプラセンシアから120km北、サラマンカへ抜けることにした。サラマンカは世界で3番目に古い大学がある大きい都市。地球の歩き方に載っている。

これから北のサラマンカを目指すというと、地図で詳しいルートを解説してくれた。

OJ6A5989.jpgOJ6A5992.jpg

夕食を作ってくれた。キッチンにはローリエ?ちぎって米と一緒に炊く。OJ6A5994.jpgOJ6A5995.jpgOJ6A5997.jpgOJ6A5999.jpg

スペインには炊飯器はないらしい。コンロで焚いている。OJ6A6001.jpgOJ6A6002.jpg

センダはおとなしい。自転車で走ってるとめちゃくちゃ犬に吠えられて嫌いになりかけたけどこいつは好き。OJ6A6006.jpgOJ6A6014.jpg

ガーリックライスにトマトソースをかけたもの。おいしい。

ビールも出してくれる。スペインのビールは1缶70円位。酒税がかかってないのか日本よりだいぶ安い。OJ6A6007.jpg

夜は散歩。近所のブルドッグ。OJ6A6009.jpgOJ6A6011.jpg

ホスピタリティーにあふれた良い人だった。明日は走ろう。

走行距離0km

撮影地はこちら

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top