【COUNTRY】

クレイジーファミリー Spain Madrid スペイン マドリッド 30日目

3月27金曜日。天気は快晴。

アルバートが朝からチュロスを買ってくる。スペインでは伝統的な朝食らしい。塩味で砂糖はかかってない。

OJ6A6744.jpg

今日は韓国人の姉妹にアルバートが自転車走行のレクチャーをするらしい。アルバートは金、土は基本的に休み。マドリッドまで一緒にサイクリング。

アルバートは昔、アメリカ大陸自転車横断(東から西まで)を14日で走破したとか。とんだクレイジーファミリー。ソニンがWarmshowerとCouchsurfingの違いを聞いたところ、

「Warmshowerは自転車旅行者で作られたコミュニティーだからみんなクレイジーなんだ。」

頭おかしいは褒め言葉。ここでは共通認識。

OJ6A6746.jpg

完全防護。OJ6A6748.jpg

ルーカスも一緒に行く。OJ6A6751.jpgOJ6A6755.jpgOJ6A6756.jpgOJ6A6757.jpgOJ6A6760.jpg

ソニンの自転車は軽いクロスバイク。荷物が少ないからクロスバイクでも旅行できそう。OJ6A6761.jpg

アルバートが自転車用ベビーカーをマウンテンバイクに取り付ける。こんな人見たことない。

OJ6A6764.jpgOJ6A6766.jpg

これはアラスカで買った鈴。熊よけらしい。

OJ6A6768.jpg

マウンテンバイクはSURLYのロングホールトラッカー。コンポがDEOREのXT、キャリアがSURLYのナイスラック、サドルがBROOKS、バッグがオルトリーブと分かる人には分かる完璧な布陣。

やっぱり世界一周している自転車はロングホールトラッカーとブルックス使用者が多い。最強のマウンテンバイク。OJ6A6769.jpg

ということで出発。OJ6A6771.jpg

秘儀 走りながら撮り
OJ6A6777.jpg

OJ6A6779.jpg

7DmarkⅡの真骨頂。
OJ6A6782.jpgOJ6A6784.jpg

アルバートは安全な道を知っている。車が通る道はマドリッドだと少し危険。
OJ6A6787.jpgOJ6A6789.jpgOJ6A6791.jpgOJ6A6793.jpgOJ6A6794.jpgOJ6A6796.jpg

こっからは別れて観光開始。

マドリッドの教会。
OJ6A6800.jpgOJ6A6805.jpgOJ6A6807.jpg

王宮。
OJ6A6810.jpgOJ6A6812.jpg

レアルマドリッドの本拠地。エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ。今週はスペインリーガはお休み。バレンシアかバルセロナでサッカー見よう。

OJ6A6822.jpgOJ6A6823.jpgOJ6A6824.jpg

プロ意識。
OJ6A6826.jpgOJ6A6828.jpg

アトーチャ駅。日本の東京駅的な場所。

OJ6A6831.jpg

ソフィア王妃芸術センター。ピカソのゲルニカで有名。主にスペインの現代美術が飾られている。

OJ6A6833.jpg

OJ6A6836.jpgOJ6A6837.jpg

学生は恐らく入場料無料。日本の学生証とパスポート見せたら無料になった。OJ6A6839.jpg

めちゃくちゃ広い。ゲルニカのある2階だけ見て脱出。OJ6A6842.jpgOJ6A6845.jpgOJ6A6847.jpgOJ6A6848.jpgOJ6A6850.jpgOJ6A6853.jpgOJ6A6856.jpgOJ6A6861.jpg

帰宅。

先に帰っていたソニンとサニーがプルコギを作っていた。美味しい。OJ6A6862.jpgOJ6A6864.jpg

ソニンの顔が暗いので、昨日カタンで負けた人が昼食を作るという罰ゲームを俺がやっていないことに怒ってるのかと思ったが違った。

今日、アルバートと自転車で走ってみて問題点が浮上したらしい。自転車初心者の彼女たちはマドリッドの交通量を経験して、安全面で不安が出てきてしまった。

そこで彼女たちは明日、マドリッドから北へ250km、レオンまでバスで移動し、そこからサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を走ることにした。巡礼路は歩行者もいて、道もフラットで走りやすいとか。皆で計画を練りながら今日も終わり。

走行距離34.3km

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top