【COUNTRY】

ロンドン塔と大英博物館2日目 United Kingdom London イギリス ロンドン 126日目

7月1日水曜日。天気は快晴。

朝7時に出発。今日も観光。この日は他のヨーロッパの国と同じように熱波で最高気温が35度に。日本では普通だけど、ロンドンは35度で大騒ぎ。

OJ6A8909.jpg

朝は快適。今日も通勤チャリダーと一緒に中心へ。OJ6A8910.jpgOJ6A8914.jpgOJ6A8927.jpg

セントポール大聖堂。
OJ6A8934.jpgOJ6A8939.jpg

ロンドン塔。歴史的な著名人が処刑された事でも知られる。OJ6A8945.jpgOJ6A8946.jpg

ロンドンブリッジ。
OJ6A8952.jpg

テムズ川に続く水路、罪人はここから中へ入ったとか。OJ6A8955.jpg

入場料は18.7ポンド(3600円)。アホ高い。イギリスはどこも入場料が高い。OJ6A8956.jpgOJ6A8959.jpgOJ6A8967.jpg

硬貨の作り方がゲームで解説されている。OJ6A8974.jpgOJ6A8980.jpg

OJ6A8981.jpgOJ6A8983.jpgOJ6A8985.jpgOJ6A8987.jpgOJ6A8989.jpgOJ6A8990.jpgOJ6A8991.jpg

護衛兵。たまに動くけど、タイミングは謎。

OJ6A8994.jpg

王冠が保管されている宝物庫。世界一のダイヤモンドが保管されているとか。

OJ6A8995.jpg

中は写真撮影禁止だが、キラキラしてて凄かった。でも俺は要らない。
OJ6A8996.jpgOJ6A8997.jpgOJ6A8998.jpgOJ6A9000.jpgOJ6A9001.jpg

甲冑コーナー。OJ6A9002.jpgOJ6A9003.jpg

ハルバード。OJ6A9005.jpg

江戸時代の刀も保管されている。OJ6A9006.jpgOJ6A9008.jpgOJ6A9016.jpg

ロンドンブリッジはお金を払えば上に登ることができる。

OJ6A9020.jpgOJ6A9022.jpg

バラマーケット。高架線の下にあるマーケット。OJ6A9026.jpgOJ6A9031.jpgOJ6A9033.jpg

OJ6A9037.jpgOJ6A9038.jpgOJ6A9044.jpg

大英博物館(2回目)。今日はエジプト・ギリシャの遺品等、1階を全部回る。OJ6A9048.jpgOJ6A9050.jpg

この絵は戦を描いていて、左側の黒の男が右側の女性を刺した瞬間に恋に落ちるという何ともドラマチックな作品。3000年から4000年前のものがうじゃうじゃあるから凄い。OJ6A9053.jpgOJ6A9055.jpg

一番右がゼウス。OJ6A9057.jpgOJ6A9060.jpg

ケンタウロスと人間の戦い。この石碑ではケンタウロス側の勝利。OJ6A9062.jpg

首を引っ張る像。OJ6A9064.jpgOJ6A9066.jpg

アフリカの民族衣装。シャーマンキングを思い出す。OJ6A9067.jpgOJ6A9072.jpg

モアイ像。昔、あるイギリス人がオワフ島の住民から一つ貰ってきたらしい。OJ6A9074.jpg

OJ6A9076.jpg

こんな博物館に子供の頃から行ってたらどんな大人になるんだろうと考えるくらい色々あって面白い。3時間くらいいたが、2階は全く見れなかった。

2日間部屋を貸してくれたジェームスとお別れ。去年、2週間くらい日本を回ったらしく、色々な事を知っている。ヨーロッパを回っていると意外と日本の文化を知っている人が多くて驚く。日本人として意識して振舞ったことは無いけど、日本のトピックで会話できるのは面白い。OJ6A9077.jpg

ロンドンの北東部、ハックニーに住むWarmshowerのホストの家へ移動。ジョージさん宅。彼はスペイン人のイラストレーター。ロンドンからモンゴルまでリカンベントで旅行したことがあるとか。OJ6A9083.jpg

夕方、近くの公園でスペイン人の友達と飲むらしいので一緒に行くことに。カメラ忘れて一枚も無いけど、ここでイギリスの最低賃金、6.5ポンド(1300円)だと知り、物価高の理由を知った。今はロンドン旅行はあまりオススメじゃない。自転車乗り以外。

走行距離16.1km

Return Top