【COUNTRY】

人口千人の村 Spain Estremera スペイン エストレメラ 33日目

3月30日月曜日。天気は快晴。

5日間お世話になったアルバート、アリシア夫妻ともお別れ。貴重な思い出ができた。

ということで今日はマドリッドから南東へ50km、エストレメラという街に住むWarmshowerのホストの家へ向かう。最近上手く活用出来ていて楽しい。

これからはクエンカを経由して東のバレンシアを目指す。バレンシアからは地中海沿いに走る予定。

アリシアが昨日、マドリッドは交通量が多くて危険だからメトロでマドリッドの東、アルカンダ・デル・レイに抜けたほうがいいとアドバイスをくれた。マドリッドの電車は平日の10時から12時半まで自転車を輪行袋なしで持ち込むことができる。日本じゃできないね。

OJ6A7149.jpg

メトロにでっかい自転車をもっていると視線があつまる。おじいさんおばあさん孫。おじいさんがスペイン語で声をかけてくる。分からないので、「スペイン語話せません」というと、孫が英語で翻訳してくれる。スペインでは若い人の方が英語話せるみたい。

おじいさんは週3でロードに乗っているらしい。流石ヨーロッパ。確かに街中でも若者が男女問わず趣味として自転車に乗っている。OJ6A7150.jpg

マドリッドから南東へ10km,アルカンダ・デル・レイへ到着。
OJ6A7151.jpg

OJ6A7152.jpg

マドリッドから少し離れればもう田舎。OJ6A7153.jpgOJ6A7158.jpgOJ6A7159.jpgOJ6A7160.jpgOJ6A7163.jpgOJ6A7164.jpgOJ6A7171.jpgOJ6A7174.jpg

なんの穴だろう。OJ6A7175.jpgOJ6A7179.jpgOJ6A7180.jpgOJ6A7182.jpgOJ6A7184.jpgOJ6A7187.jpgOJ6A7191.jpgOJ6A7195.jpgOJ6A7198.jpgOJ6A7199.jpgOJ6A7204.jpg

OJ6A7205.jpgOJ6A7214.jpgOJ6A7216.jpgOJ6A7217.jpgOJ6A7220.jpg

走ること4時間。エストレメラに到着。ホテルが少ないのでこういう小さな町は普段は泊まりにくい。Warmshowerを使えば田舎町でも泊まることができるのが利点。OJ6A7221.jpgOJ6A7222.jpgOJ6A7223.jpg

到着したは良いものの、Wifi使えるカフェが1件もない。仕方なく、カフェの客にケータイを貸してもらい、ホストへ電話。1回繋がるも、その後かからなくなる。本当に泊めてもらえるのか不安になり、6時までに会えなかったら別の大きな町で宿を探そうと思い、そのまま6時に。

OJ6A7224.jpg

別の街行くかと自転車を漕ぎ出すと、ちょうど後ろから呼び止められる。グッドタイミング。

彼の名前はカルロス。スペインではよくある名前だそう。父母兄と4人暮らし。

彼の自転車もまたSURLYのロングホールトラッカー。彼は今週の日曜日からシルクロードを5ヶ月間旅するとか。良く今日泊めてくれたな。

OJ6A7225.jpgOJ6A7226.jpgOJ6A7227.jpg

カルロスのお母さん。英語は話せないが、親切に気遣ってパンとか出してくれる。優しい。犬にはクソ吠えられる。OJ6A7231.jpg

左がカルロス、右が父。OJ6A7232.jpgOJ6A7234.jpgOJ6A7235.jpgOJ6A7236.jpg

夕食を家族と一緒に。お父さんがワインを勧めてくれる。この家族は昨日いたアリシア、アルバート家族とは違い、静かにのんびりとしている。カルロスも過干渉はしてこないが、バレンシアまでのルートや自分が走った場所の写真を見せてくれたり、シャワーや洗濯の気遣いなど親切にしてくれる。粋ですね。OJ6A7238.jpg

東京の人口は1500万人だというと驚く。

「こっちは千人だぜ。」OJ6A7239.jpg

夜はWalking Dead。 シーズンファイナルになってた。同じようなことやってて笑う。OJ6A7240.jpg

明日は100km東の要塞都市クエンカへ。

走行距離46.9km

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top