【COUNTRY】

フリンジフェスティバル United Kingdom Edinburgh イギリス エディンバラ 174日目

8月18日火曜日。天気は晴れ。

今日はエディンバラ市内とフリンジフェスティバル観光。

OJ6A4188.jpg

フリンジフェスティバルの会場は市内あちこちにあり、路上パフォーマーも数多く存在する。

それもそのはず

” アマ・プロ、有名・無名を問わず、資格審査はまったくなく、登録料と参加費を収め会場を見つけさえすれば、収支の見込みは別にして、誰でも公演できるシステムになっている。”

ということで世界中のパフォーマーたちがここに集まっている。近年ではコメディー演劇が有名らしい。
OJ6A4189.jpgOJ6A4190.jpg

動物の血で赤く染める集団パフォーマンス。OJ6A4192.jpg

このようにタイムテーブルが建物に張り出され、入場料はピンキリだが、大体1公演10ポンド(2000円)くらい。コメディーショーでは入場料無料のチップ制が導入されているものもある。

文化祭みたいな感じもあって面白い。OJ6A4193.jpg

有名なショーだと発表される4月頃に完売することもある。OJ6A4195.jpgOJ6A4198.jpg

スコットランド博物館OJ6A4199.jpg

美術館の中でもフリンジフェスティバル。OJ6A4201.jpgOJ6A4202.jpgOJ6A4203.jpgOJ6A4205.jpgOJ6A4208.jpgOJ6A4209.jpgOJ6A4214.jpgOJ6A4216.jpg

日本でも有名なハリスツイードの店。何か買えばよかった。OJ6A4217.jpgOJ6A4221.jpg

エディンバラ城。崖の上にそびえ立つ。入場料3000円以上するので入場断念。OJ6A4222.jpgOJ6A4223.jpg

OJ6A4225.jpgOJ6A4232.jpg

雨の日でも野外パフォーマーたちは多い。OJ6A4233.jpgOJ6A4234.jpgOJ6A4239.jpg

チラシを配る人達。OJ6A4240.jpgOJ6A4242.jpgOJ6A4244.jpgOJ6A4248.jpgOJ6A4250.jpg

高架下のパブでもフリンジフェスティバル。OJ6A4253.jpgOJ6A4254.jpgOJ6A4261.jpg

エディンバラの南に住むロビーさん宅へ移動。29歳の彼は24歳の時から3年間、自転車で世界一周したらしい。OJ6A4262.jpg

この期間は人が多いけど一週間くらい楽しめそう。

走行距離0km

Return Top