【COUNTRY】

ミュシャの国 Czech Praha チェコ プラハ 267日目

11月19日木曜日。天気は晴れ。ヨーロッパ267日目。

今日は美術館中心に回る。KGBミュージアム。

OJ6A0582.jpgOJ6A0585.jpg

プラハで最も古い橋、カレル橋。1402年に完成し、19世紀までこの橋しか無かった。OJ6A0586.jpgOJ6A0587.jpgOJ6A0591.jpgOJ6A0592.jpg

観光客と露店で混雑。OJ6A0594.jpgOJ6A0595.jpgOJ6A0599.jpgOJ6A0601.jpgOJ6A0603.jpgOJ6A0605.jpg

プラハの天文時計。15世紀に作られた美しいカラクリ時計。OJ6A0608.jpgOJ6A0609.jpgOJ6A0613.jpgOJ6A0619.jpg

ミュシャミュージアム。ミュシャはチェコ出身の画家・イラストレーター。日本人にも馴染みが深く、今見ても新しい感じがする。OJ6A0621.jpg

アジカンのジャケットとか描いている中村佑介がミュシャのエッセンスを感じる。OJ6A0623.jpg

夜は仕事終わりのミハエルと一緒にパブへ。

OJ6A0625.jpg

ミハエルは日本語が堪能なだけでなく、物凄く話しやすいしフランク。OJ6A0626.jpgOJ6A0627.jpg

全部ビールに最高に合う。OJ6A0636.jpg

ミハエルの印象的だった話は「次は日本で働いてもいいし、グルジアとかドイツで働いてもいいかな。」って言っていたところ。チェコもスロバキア人のミハエルにとっては外国で、外国で働くという行為に対し全く抵抗がないグローバル人間。全ての言語が堪能だからこそできる事ではあるが、そのマインドを持っている人は中々見た事が無いし、日本語で会話できる分、その凄みを感じた。

明日はプラハから南西へ約100キロ、プルゼニという街へ。

走狗距離0km

Return Top