【COUNTRY】

プロセシオン 聖行列 Spain Cuenca スペイン クエンカ 34日目

3月31日火曜日。天気は快晴。

カルロス家族とお別れ。お母さんがサンドウィッチを作ってくれた。カルロスも今週からイタリアのピサからシルクロードを通り、5ヶ月かけてイランへ自転車で向かう。良い旅をと言って別れる。

OJ6A7241.jpg

ということで8時半から走り出す。今日はエストレメラから東に100km離れたクエンカへ。OJ6A7243.jpgOJ6A7252.jpg

OJ6A7254.jpgOJ6A7255.jpgOJ6A7256.jpgOJ6A7261.jpg

畑の中にポツンとあるトンネル。中は深くてよく見えない。OJ6A7269.jpg

撮れなかったけど野ウサギがあちこちで走っている。スペイン人はウサギを普通に食べるらしい。OJ6A7270.jpgOJ6A7272.jpgOJ6A7279.jpgOJ6A7280.jpgOJ6A7283.jpgOJ6A7286.jpgOJ6A7287.jpgOJ6A7291.jpgOJ6A7294.jpgOJ6A7295.jpgOJ6A7297.jpg

途中の町のパン屋さんに入ると「あなた日本人?」とスペイン語で聞かれる。おばさんは私の何とかが日本人よと言っているが、お隣さんなのか親族なのかは分からない。道を教えてくれる。
OJ6A7304.jpg

ということでクエンカ到着。今日は100km走ったとかどうでもいいくらいに夜が凄かった。

クエンカの宿。左にある鎖を引くとドアが開く仕組み。OJ6A7306.jpg

カルロスに昨日、セマナサンタ(聖週間)について聞いてみると、イースターの一週間、スペインではプロセシオンと言う聖行列を毎日行うらしく、特に、キリストが処刑された木曜日が盛大だと言っていた。

どこでプロセシオンが開かれるのか不明だったので午後10時、とりあえず街へ出てみる。

OJ6A7308.jpg

今日は夜でも人が多い。子供達も普通に出歩いている。
OJ6A7309.jpg

人の流れについていく。

OJ6A7312.jpg

超楽しそう。
OJ6A7336.jpg

楽隊を発見。セマナサンタの列も近そうだ。OJ6A7338.jpgOJ6A7341.jpgOJ6A7343.jpgOJ6A7344.jpg

トゥニカを着た怪しい人々。

OJ6A7347.jpgOJ6A7348.jpgOJ6A7350.jpg

イースターの一週間をモチーフとした神輿を担ぎ、街を練り歩く。OJ6A7352.jpgOJ6A7360.jpgOJ6A7363.jpgOJ6A7366.jpgOJ6A7372.jpgOJ6A7373.jpgOJ6A7374.jpgOJ6A7376.jpgOJ6A7382.jpgOJ6A7386.jpg

こんな祭り、今まで見たことない。この旅行一の興奮。OJ6A7404.jpg

OJ6A7406.jpgOJ6A7407.jpgOJ6A7413.jpgOJ6A7425.jpgOJ6A7434.jpgOJ6A7438.jpg

今日は黒、白、赤、黄、緑の5つの人々がいる。OJ6A7440.jpg

反対側の山の上から光る像。OJ6A7445.jpgOJ6A7446.jpgOJ6A7449.jpgOJ6A7450.jpgOJ6A7459.jpgOJ6A7464.jpgOJ6A7475.jpg

荘厳な音楽と三角頭とかわいい子供。OJ6A7480.jpgOJ6A7484.jpgOJ6A7486.jpgOJ6A7489.jpgOJ6A7491.jpgOJ6A7494.jpg

 1km程の聖行列が丘の上のカテドラルからダウンタウンを通り、また戻っていく。夜の4時過ぎまで続く。これ毎日やるとか体力どうなってんだ。そして午前3時、ホテルへ離脱。聖行列はスペイン全土で行われているが、クエンカの地形や町並みは高低差があるので、色々な角度から楽しめる。これは一見の価値あり。

走行距離102.1km

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top