【COUNTRY】

シリア難民 Danmark Copenhagen デンマーク コペンハーゲン 200日目

9月13日日曜日。天気は雨時々曇り。ヨーロッパ200日目。

2ヶ月ぶりの更新。現在、チェコ南部の街に滞在中。これを書かない間に、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、スロヴァキア、ハンガリー、オーストリア、チェコと12カ国を縦断中。北のほうは寒くなってきたから逃げるように南下しました。

11月のヨーロッパは普段はめちゃくちゃ寒く、天気が悪く、場合によっては雪が降ることが多いらしいのだが、今年度は奇跡的にずっと快晴。現地の人も春みたいだと驚いている。超ラッキー。寒くないから日本へ帰るタイミングを逃しつつある。

とりあえず風邪をひくこともなく楽しくやってます。

ところで一昨日の深夜、フランスのパリで大規模テロが起こった。死者は120人超ということだが、今回のテロは前回のシャルリーエブド襲撃事件とはまた違った意味合いを持つことになった。8月あたりからシリア難民(とその他大勢のお金を求めて移動してきた人々)がヨーロッパ(特にドイツ)を目指してやってきた。今回の事件は今後の難民政策にも大きく関わることになり、現在フランスの国境は閉鎖されているが、シェンゲン協定も見直される可能性も出てきた。

ということで安全そうな場所から帰国しようと思います。

ドルテさん宅で起床。自作のスプーンがおしゃれ。

OJ6A0581.jpg

コンピューターで絵を書いた後にレーザーで木をくり抜いて作ったキーホルダー。お土産に貰った。OJ6A0582.jpgOJ6A0584.jpg

この家はほぼ全てが手作り。器用すぎる。OJ6A0588.jpgOJ6A0590.jpgOJ6A0591.jpg

オクトパスと別れを告げ、約50km東、デンマークの首都コペンハーゲンへ。OJ6A0593.jpg

天気が悪く風が強い。OJ6A0597.jpgOJ6A0599.jpg

ロスキレという街に到着。

OJ6A0603.jpg

ロスキレ大聖堂が世界遺産になっている。OJ6A0607.jpg

海の近くにあるVikingeskibsmuseetバイキングシップミュージアム。11世紀までのバイキングの木造船が展示されている。OJ6A0610.jpgOJ6A0613.jpgOJ6A0615.jpgOJ6A0617.jpgOJ6A0621.jpgOJ6A0625.jpgOJ6A0626.jpgOJ6A0628.jpg

バイキングのボードゲーム。
OJ6A0632.jpg

彼らが勢力を伸ばした場所。バイキング知識はヴィンランドサガしか知らないけど、アメリカ大陸まで行ったらしい。

OJ6A0636.jpgOJ6A0639.jpgOJ6A0648.jpgOJ6A0650.jpgOJ6A0653.jpgOJ6A0657.jpg

閉館時間、17時直前に入ったら入場料を払わずにすんだ。OJ6A0661.jpgOJ6A0664.jpgOJ6A0666.jpgOJ6A0669.jpgOJ6A0671.jpgOJ6A0674.jpgOJ6A0677.jpg

ロスキレ大聖堂を後にして、コペンハーゲン駅でホストのエミルと待ち合わせ。

ここで初めてシリア難民を目にする。

OJ6A0679.jpg

難民たちにはピザが振舞われ、多くの難民がここからスウェーデン、フィンランドなどの北欧へ移動する。デンマークは難民政策が厳しく、保護手当が少なかったり永住権を認められずらいらしい。OJ6A0681.jpg

この時期はシリア難民がニュースになり始めた頃だったが、今はさらに多くの難民がヨーロッパを目指している。シリア難民以外に賃金を多く得たい海外からの不法難民も多くいるから大変。

コペンハーゲン駅で大学生のエミルと合流。彼が市内を案内してくれる。OJ6A0685.jpgOJ6A0686.jpgOJ6A0688.jpg

早速行ったのがクリスチャニアというコペンハーゲンでも中々異質なスポット。ここの中では大麻の吸引が黙認されており、堂々と吸えるヨーロッパの場所はオランダとここだけらしい。勿論ヨーロッパ国内で吸える違法スポットはたくさんあるけど。

OJ6A0690.jpgOJ6A0691.jpg

ここの中では基本的に撮影禁止。堂々と看板で注意を促している。

OJ6A0692.jpg

とはいっても治安の悪い危ない場所ではなく、半ば観光地化されていて、夏には音楽祭や屋台が並ぶ人気スポット。OJ6A0693.jpgOJ6A0695.jpg

デンマークでは有名なコーヒー牛乳。美味しい。

OJ6A0698.jpg

夕方には、エミルにカウチサーフィン経由でコンタクトを送ってきたウクライナ人のアントンとカフェで会うことに。彼は会社員だが、時間があるとヒッチハイクで旅行をするらしい。彼の凄いのはロシア語、英語の他に、フランス語、スペイン語、イタリア語、オランダ語、ドイツ語で会話ができる。「どこで学んだの?」と聞いたら「ヒッチハイクしながら会話して学んでいった」とか。OJ6A0699.jpg

ちなみにホストのエミルも、デンマーク語、英語の他に、中国語、ドイツ語等が話せる。ヨーロッパの人の語学力はハンパない。

走行距離58.4km

Return Top