【COUNTRY】

異常 Netherlands Amsterdam オランダ アムステルダム 182日目

8月26日水曜日。天気は曇りのち晴れ。

今日はロッテルダムから北へ約70km、首都アムステルダムを目指す。船が通過。

OJ6A4768.jpgOJ6A4771.jpgOJ6A4776.jpgOJ6A4778.jpg

踏切の船版。
OJ6A4780.jpg

運河に囲まれ、船が往来している。OJ6A4783.jpgOJ6A4785.jpgOJ6A4786.jpg

水上ハウス。OJ6A4792.jpg

OJ6A4793.jpgOJ6A4799.jpg

どこにでも水路があって、新しいアパートが水路に囲まれている。
OJ6A4802.jpgOJ6A4805.jpgOJ6A4806.jpgOJ6A4811.jpg

自転車で50kmほどオランダを走ってみると分かるが、はっきり言ってこの国は異常。道の隣には必ず整備された自転車道があり、それがどんなに小さな町へもつながっている。自転車が車道を走る必要が一切なく、車よりも優先されている感じすらある。

昔、田中角栄みたいな政治家が自転車好きだったにちがいない。
OJ6A4812.jpgOJ6A4813.jpg

オランダと言えば風車。OJ6A4820.jpgOJ6A4822.jpgOJ6A4823.jpgOJ6A4826.jpg

オランダは英語でNetherlands。「オランダー」と言っても通じない。初め「ネザーランド」と言ってるイギリス人に「何処のこと言ってるんだよ。」とイライラしていたが、「Holland ホーランド」と言っても通じる。でもホーランドもポーランドと似ていて分かりづらい。又、「オランダ語、オランダ人」は英語で「Dutch ダッチ」。ドイツっぽくて分かりづらい。
OJ6A4827.jpgOJ6A4831.jpg

丘一つない平坦な道。
OJ6A4833.jpgOJ6A4837.jpgOJ6A4838.jpg

LF2bという看板に沿って進むと首都に到着できる。これを探しながら進むのが面白い。

OJ6A4839.jpg

田んぼを進む。OJ6A4844.jpgOJ6A4848.jpg

OJ6A4849.jpgOJ6A4855.jpgOJ6A4860.jpgOJ6A4861.jpgOJ6A4863.jpgOJ6A4865.jpgOJ6A4870.jpgOJ6A4871.jpgOJ6A4875.jpgOJ6A4880.jpgOJ6A4884.jpgOJ6A4885.jpgOJ6A4890.jpg

オランダ人は自転車一人一台以上持っているというデータがある。おじいさんでもおばあさんでも移動は基本自転車。OJ6A4894.jpgOJ6A4896.jpgOJ6A4897.jpg

アムステルダム到着。ヴェラさんが所有するマンションで待ち合わせ。OJ6A4899.jpg

荷物を置いた後、ヴェラが日本食レストランへ連れて行ってくれることに。

ハイネケンはオランダを代表するビール。
OJ6A4904.jpgOJ6A4905.jpg

ヨーロッパにある大体の日本食レストランはアジア系の日本人以外が経営しているが、この店は日本人の女の人が経営している。

OJ6A4907.jpg

スーパードライで乾杯。

OJ6A4908.jpgOJ6A4909.jpg

鮭丼。ご飯を大盛りにしてくれた。
OJ6A4911.jpg

ヴェラは今年いっぱいで仕事を止め、彼氏と2年間の自転車旅行へ出発するらしい。「二人とも40歳になるからここでやっておかないとね。」と笑っていた。2017年に会えそう。OJ6A4912.jpg

ヴェラは普段は彼氏の家で生活していて、ここのアパートはB&Bとして貸し出していたり、自転車旅行者を泊めたりしている。OJ6A4914.jpg

アパート一室は快適。明日はアムステルダム観光。オランダへ行く人は自転車に乗ってみるといいかも。

走行距離77.5km

Return Top