【COUNTRY】

自転車メンテナンス United Kingdom Alltwalis イギリス アストウアリス 146日目

7月21日火曜日。天気は曇り。

最近更新滞ってますが、ちょっと移動でバタバタしていました。今(8月10日)現在、イギリス北部スコットランドにいます。20日前の記憶はかなり飛んでますが画像を頼りに思い出していこうと思います。

ということで今朝は出発前に近くの城まで車で連れて行ってもらう。

OJ6A1994.jpgOJ6A1998.jpg

左側の白い家がウユンの家。OJ6A2001.jpgOJ6A2004.jpgOJ6A2005.jpg

廃城の中は綺麗に芝生が整備されている。誰かが手入れしているらしい。OJ6A2007.jpgOJ6A2012.jpgOJ6A2013.jpgOJ6A2015.jpg

12世紀に建てられた城。ここが居住場所。

OJ6A2016.jpgOJ6A2017.jpg

南ウェールズの海が一望。貿易拠点としての要所でもあった。

OJ6A2020.jpgOJ6A2018.jpgOJ6A2028.jpg

右側はウェールズ語。話せる人はウェールズ人口の20%ほどらしい。最近、学校でウェールズ語を教える活動が増えてきて、若い人ほど話せるらしい。逆に、中年の人達は習ってこなかったから話せない。OJ6A2034.jpg

OJ6A2037.jpgOJ6A2043.jpgOJ6A2044.jpgOJ6A2059.jpgOJ6A2060.jpgOJ6A2061.jpgOJ6A2062.jpg

下の海岸へ。OJ6A2067.jpgOJ6A2071.jpgOJ6A2072.jpgOJ6A2075.jpgOJ6A2078.jpg

クラゲ。OJ6A2080.jpgOJ6A2081.jpgOJ6A2084.jpgOJ6A2100.jpg

地元の教会。OJ6A2102.jpgOJ6A2103.jpgOJ6A2105.jpg

この人が家を建てたらしい。ウユンが買ったのは20年ほど前だが、第二次世界大戦中はこの家に50人ほどが避難し、生活していた。300年の歴史。OJ6A2106.jpg

ウェールズの伝統的な小舟。20kgくらいで持ち運び可能。

OJ6A2108.jpgOJ6A2112.jpg

今日はアストウアリスという20km北の小さな村に住むWarmshowerホストの家へ。

二人の子供を持つミシェルさん宅へ。17歳の息子と12歳の娘はともに林間学校へ出かけている。

「自転車チェックしてやるよ」とホイールにグロスを塗ってくれた。結構大変な作業。これで日本に戻る年末まで持ちそう。
OJ6A2114.jpg

彼は色の違う4つのグロスを使い分けているらしい。専門知識はさっぱりだからわからない。OJ6A2118.jpg

夕食はポテトと白身魚のフライ。白身魚のフライはフィッシュアンドチップスでも出てくるイギリス料理の定番。OJ6A2116.jpg

ウェールズの地形は丘が多く、自転車で走るには大変らしい。明日の最適なルートを教えてくれる。明日はここから約100km北東のウェールズの真ん中へ。

走行距離26.0km

Return Top